書道家 緑径のブログです。
 
独裁者と小さな孫・・・ジョージア・英・仏・独
0
    シネリーブル神戸にて。

    独裁政権に支配されるとある国。ある日、クーデターが起こり、老いた
    独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。
    絶望と希望・・・・・・
    極限の中にもユーモアがあり、目を覆うような場面もありながら
    ファンタジーのような要素もあり、不思議に引き込まれる映画。

    面白かったです。。

    独裁者と小さな孫
    【2015.12.19 Saturday 23:39】 author : ryokkei-n
    | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    恋人たち・・・・シネリーブル神戸にて
    0
      久し振りの映画☆

      通り魔殺人事件によって妻を殺された男。
      退屈な日常に突然現れた男に心揺れ動く主婦。
      同性愛者で、完ぺき主義のエリート弁護士。

      理不尽な事がまかり通る世の中で
      不器用に生きる人達。
      幸せを求めてさまよう彼ら。
      ラストにはささやかな希望の光が見える

      日常のごくありきたりな場面ばかり。
      140分 ぐいぐい引き込まれていきました。

      この主役の三人がみな新人。
      怪演そのもの
      良かったです!!!

      久々に大ヒット☆
      恋人たち


       
      【2015.11.23 Monday 20:16】 author : ryokkei-n
      | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      顔のないヒトラーたち(独)
      0
        1958年フランクフルト、西ドイツは経済復興の波に乗り、
        多くの人が戦争の記憶を忘れようとしていた。
        そんな時、一人のジャーナリストがアウシュヴィッツ強制収容所
        の元親衛隊員が、教師をしていることを突き止める。
        若き検事ヨハンは回りの反対を押し、ナチスが強制収容所で
        どのような罪を犯していたのか  を生存者の証言を基に
        明らかにしてゆく。その結果アウシュヴィッツ裁判が行われた。

        正義感の強いヨハンが、もしいなかったら、
        アウシュヴィッツ強制収容所での出来事が
        表面化しなかったと思うと
        ぞっとします。

        私の知らない世界が
        ここにもありました。

        お勧めの映画です。シネリーブル梅田にて。。
        顔のないヒトラーたち
        【2015.10.19 Monday 20:42】 author : ryokkei-n
        | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        私の少女(韓)
        0
          シネリーブル神戸にて。

          心を閉ざした若い女性警官ヨンナムと、
          家庭に恵まれず心を砕かれた少女ドヒ。
          二人は出逢い、痛みを希望に変えてゆく。

          非常に重たい映画

          冬の小鳥 のキム・セロン、その時から私は彼女の大ファンに。
          彼女ももう13歳。

          難しいドヒの役を見事にこなしていました。
          ますますファンに。
          ★★★★★
          私の少女
          【2015.06.07 Sunday 22:00】 author : ryokkei-n
          | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ジェームス・ブラウン(米)
          0
            シネリーブル神戸にて☆

            ジェームス・ブラウン・・・・名前知ってる程度。
            でも、音楽もダンスも最高

            極貧だった子供のころ、才能だけを頼りに頂点を目指す。
            差別にもめげず・・・・親友との関係、母親との関係・・・

            栄光につながる道は
            決して安易ではなかったけれど、一人の親友にも
            恵まれ、ラストのパリ公演では、粋な計らいをする。

            迫力もあり・・・・・良かったです♪ ★★★★
            ジェームスブラウン



             
            【2015.05.31 Sunday 22:47】 author : ryokkei-n
            | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あの日の声を探して(仏・グルジア)
            0
              シネリーブル神戸にて☆

              1999年、チェチェン。
              9歳のハジは、目の前で両親を銃殺され、ショックで声を失ってしまう。
              赤ちゃんの弟を抱き、放浪〜。見知らぬ家の前に置いていく。
              その後も放浪・・・の中、フランスから調査に来ていたEU職員のキャロルと
              知り合い、一緒に暮らすように。

              一方、ロシアで強制入隊となったごく普通の青年コーリャ。
              毎日のいじめに心がすさんでゆく・・・・
              やがて前線で殺人鬼となってゆく。

              二つの物語が進行し、ラストで繋がってゆく。

              人としての尊厳を踏みつけられ、大切なものを奪われても、希望の光を
              見出す。全ては生きるために。。

              素晴らしい映画でした。★★★★★
              あの日の声を探して
              【2015.05.11 Monday 21:14】 author : ryokkei-n
              | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              セッション・・・・・シネリーブル神戸にて☆
              0

                評価が高いので、これはずっと観たかった映画。

                冒頭から引き込まれる感じ、
                特にラストは圧巻!!

                名門音楽大学に入学し、中のバンドに入り、
                ドラム担当として練習を重ねる。
                しかし、待っていたのは、指導者のフレッチャーからの
                厳しい狂気沙汰のレッスンだった。
                完ぺきを求めるフレッチャー、

                二転三転する展開に目が離せない。

                面白かったです。★★★★★
                セッション
                 
                【2015.04.27 Monday 13:03】 author : ryokkei-n
                | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ギリシャに消えた嘘☆
                0
                  最近、ましてや忙しくて映画館に行けてなくて(涙)。


                  やっと観てきました。シネリーブル神戸にて。

                  原作は[殺意の迷宮]  太陽がいっぱい や リプリー の原作者
                  パトリシア・ハイスミス とくれば、面白くないわけがない。

                  しかもヴィゴ・モーテンセンは大好きな男優。
                  ヒストリーオブバイオレンス で大ファンになりました。
                  今回も恰好よかったです!!
                  時代設定が1962年なので、ファッションなども要チェック。

                  詐欺師とその妻、ツアーガイドの青年がパルテノン神殿で出逢い、
                  運命を共にしてゆく・・・後戻りのできない破滅の道にと。

                  面白かったです、お勧めの一本。★★★★★
                  ギリシャに消えた嘘
                  【2015.04.19 Sunday 06:49】 author : ryokkei-n
                  | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  美園ユニバース 11本目☆
                  0
                    美園・・・・昔、子供のころ家族でよく行ったので懐かしさ満載。
                    大阪そのものの映画って感じ。
                    二階堂ふみって大阪出身か?と間違えるくらい完ぺきでした。

                    おじさんバンドの人達も良かったし、
                    渋谷すばる(関ジャニ)の演技が良かった。

                    もう一回観たいな〜〜
                    こてこての大阪をもう一度(笑)★★★★
                    美園ユニバース
                    【2015.02.24 Tuesday 23:19】 author : ryokkei-n
                    | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    フォックスキャッチャー(米)10本目
                    0
                      大財閥の御曹司が五輪メダリストを銃殺
                      実話を基にした映画です。

                      御曹司にスティーヴ・カレル。
                      怪演してます。

                      レスリングのオリンピック金メダリストでありながら、
                      苦しい生活をしているマーク。ある日御曹司のデュポンから、
                      自身の持つレスリングチーム フォックスキャッチャー 
                      に誘われる。初めはいいのだが、段々二人の関係が・・・・・
                      その時、マークの兄(金メダリスト)がチームに参加することに。
                      驚愕のラストに進んでゆく。
                       
                      デュポンはマークの兄を銃殺してしまうのですが・・・
                      デュポンの孤独・心の闇 が詳しく描かれています。
                      暗く静かな映画ですが、ものすごくインパクトあります。★★★★★
                      フォックスキャッチャー
                       
                      【2015.02.19 Thursday 23:27】 author : ryokkei-n
                      | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |