書道家 緑径のブログです。
 
<< 白いリボン(独・仏・伊・オーストリア) 18本目 | main | 書道教室 >>
チルドレン 伊坂幸太郎の本
0
     映画では何本か見ています。
    [重力ピエロ]もそうかな。。
    5つの短編  だけど、話は繋がっています。
    陣内、家庭裁判所の調査員をしています、彼の回りで起こる様々な出来事。
    閉店ぎりぎりに銀行に入ったところ、強盗事件に巻き込まれ人質になってしまう。
    おなじ人質となった永瀬くんと仲良くなり、その後も交流。
    永瀬くんは盲目で介助犬 べス と行動を共にしている。
    感が鋭くて、彼の助言はいつも的をえているのです。
    調査員として、少年と向き合うことが多く、複雑な人間関係を浮き彫りにしています。
    映画はどうかな、ドラマにはなったみたいです。
    面白い本で、読みやすかったです。
    チルドレン
    【2011.02.09 Wednesday 06:51】 author : ryokkei-n
    | | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメント失礼します。

    陣内良いキャラしてますよね。

    大人になっても変わらない辺りにひかれました^^

    私も一気に読んでしまった記憶があります。
    | サカトモ | 2011/03/05 9:11 PM |
    サカトモさん、コメントありがとうございます。
    陣内・・・・いいですよね。
    私も、いつまでも子供の気持ちを持ち続けていたいと思います。
    伊坂幸太郎は東北大学の法学部出身なので、陣内は裁判所勤務なのですね。
    | 緑径 | 2011/03/05 11:54 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://b.ryokkei.com/trackback/1301487
    トラックバック
    「チルドレン」伊坂 幸太郎
    またまた伊坂幸太郎さん、「チルドレン」。伊坂幸太郎さんの作品すべてに共通するのですが登場人物の個性が良い。時間の流れとともに登場人物の変わる部分と変わらない部分がうまく描かれており、一気読みしてしまうようなテンポの良さが素晴らしいです。 「チルドレン
    | 人生を豊かにする読書のススメ | 2011/02/23 9:26 PM |