書道家 緑径のブログです。
 
<< 正太郎の冒険 猫は密室でジャンプする・・・・・柴田よしきの本 | main | ドラゴンタトゥーの女(米) 15本目 >>
ものすごくうるさくてありえないほど近い(米)14本目
0
     ひさびさのトム・ハンクス、サンドラ・ブロック。
    9.11のテロで父親を亡くしたオスカー。
    父親の部屋で探し物をするうちに、青い花瓶を割ってしまう。
    中から封筒に入った鍵が。
    その封筒には[ブラック]と書かれていた。
    オスカーは何かあると思い、ニューヨーク中の[ブラックさん]を訪ねて回る。
    アスペルガー症候群である彼は、何事もルールを決めて、
    決めた事は絶対に変えることがない。
    探す旅の中で、様々な[ブラックさん]と出会う。
    結局は、オスカーが考えていたようなものではなかったけれど、
    得たものは素晴らしいものばかり。

    途中から胸が熱くなってきました。★★★★★

    ものすごくうるさくて・・・
    【2012.02.25 Saturday 00:04】 author : ryokkei-n
    | 映画 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://b.ryokkei.com/trackback/1302038
    トラックバック
    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』お薦め映画
    鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。
    | 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ | 2012/04/04 12:13 AM |